校務支援システムEduo2020 よくある質問FAQ

 

 

 

 

 

 

Eduoの導入・環境について


■学習指導要領の改訂に対応していますか?

勿論、対応しております。
導入時は勿論、導入後の学習指導要領の改訂に伴う、観点の改訂や帳票様式の変更は年間保守に含まれておりますので、追加の費用は発生しません。
また、上記のような変更(アップデート)はサーバーだけとなりますので、校務用パソコンのアップデート作業は必要ございません。

■自治体の各学校の校務用パソコンは導入時期の関係上、機種やOSが異なりますが問題ありますか?

EduoはWebアプリケーションとなっており、校務用パソコン自体に専用アプリケーションを一切インストールする必要がないため、機種やOSを気にすることなく導入できます。
また、校務用パソコンの入れ替え時もインストールの必要がないため、よりスムーズに運用を移行することができます。

■校務用パソコンの台数の変動に伴い、ライセンスの変更や追加が必要になりますか?

Eduoは自治体内の学校数によるライセンス管理となっており、校務用パソコンの台数の制限はございません。
導入後においても、校務用パソコンの台数の変動に伴うライセンスの追加や変更は不要です。

■指導要録や通知表の作成の時期は多くの先生が同時に利用しますが、動作が遅くなるようなことはないでしょうか?

Eduoは画面構成やデータをシンプルにすることにより、通信量が少なく、また、サーバーへの負荷も小さいため動作が遅くなるようなことはございません。
センターサーバー方式で多くの先生が同時に利用されてもスムーズに動作します。
(センターサーバーと各学校間の通信回線の速度は最大100Mbpsあれば十分です)

■現在利用している学籍のデータを、導入時に取り込んで利用できますか?

学籍のデータをExcel形式で取り込むことで利用できます。
また、Excel以外の他のアプリケーションで利用されていたデータも同様にExcel形式で取り込むことができます。

■導入を検討する上で、機能や操作性などをじっくり確認したいのですが?

先生方に体験して頂くためのデモ環境を準備しております。(かんたんマニュアルもご用意しております)
勿論、ご訪問させて頂き、操作しながら機能のご紹介も可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

■通知表や指導要録のシステムだけを導入することはできますか?

自治体の運用に合わせてらくらく通知表だけ、またはらくらく指導要録だけを導入することもできます。

 

 

Eduoの機能について(共通機能)


■児童名、生徒名の外字に対応していますか?

自治体内で使用する共通の外字をシステムに取り込むことで対応できます。

■通知表や指導要録、他の帳票を印刷する前に画面で確認することができますか?

全ての帳票の印刷にはプレビューが事前に表示され、画面で確認することができます。

■通知表や指導要録の内容を一覧表形式で印刷できますか?

クラス毎に一覧表形式で印刷することができます。

■通知表や指導要録は禁則処理されて印刷されますか?

全ての項目について禁則処理されて印刷されます。

■通知表や指導要録の所見欄について文字数の制限はありますか?

文字数の制限はございません。
印刷時に一定の文字数を超えた場合のみ、所見欄に合わせてフォントの大きさが自動的に調整されます。

■評価や評定の入力ミスを防ぎたいのですが?

設定した評価・評定以外の文字を入力しようとしてもエラー表示され、入力できないようになっておりますので、入力ミスを防ぐことができます。
また、文字キーの代わりに数字(テンキー)やスペースキーでも入力できますので、スピーディーに入力することができます。
(例:3→A、2→B、1→C、スペースキー→○)

■Excelや他のアプリケーションで下書きした文章をコピー&ペーストできますか?

他のアプリケーションで作成した文章を、通知表や指導要録の所見や日々の様子などの項目にコピー&ペーストすることができます。

■セキュリティのためログをとっておきたいのですが?

Eduoには「操作ログ機能」が装備されております。
「操作ログ機能」は全ての職員の操作 「誰が、いつ、どのような操作をしたか、何を入力したか」を記録します。
これにより職員のセキュリティ意識の向上、情報漏洩対策を図れます。

 

 

Eduoの機能について(出席簿機能)


■Eduoで児童・生徒の出欠管理はできますか?

Eduoには出欠管理が可能な「出席簿機能」を標準で装備しております。
出席簿データは通知表や指導要録の「出欠の記録」に反映させることができます。
また、出席簿だけでなく、手書き用の出席簿を印刷することもできます。

■出欠の内容は、どのように入力するのでしょうか?

出欠の内容の入力画面は出席簿の帳票をイメージとしており、視覚的に入力しやすい画面となっております。
欠席などの内容・理由はマウスで選択するだけですのでワンクリックでかんたんに入力できます。

■病欠などの理由を追加、変更することはできますか?

病欠、事故欠、出席停止、忌引きなどの理由は追加、変更することができます。
導入時にヒアリングさせて頂くことで、予めシステムに登録させて頂きます。

■出席簿の様式を現状の手書きやExcelで作成した様式に合わせることはできますか?

現状の出席簿様式に対応した出席簿をご提供できます。
学校行事、長期休業日などの記入ルールや欠席などの記号も現状の運用に合わせることができますので、スムーズに移行できます。

■中学校では時数単位で出欠管理をしているのですが、対応できますか?

時数単位の出席簿も対応できますので、現状の出席簿からスムーズに移行できます。(オプション) 

時数毎に遅刻、結果、早退を管理し、自動的にその日の欠席内容が入力されるようになっております。また、時数毎に教科や担任をクリックして入力できます。

■転学(転入、転出)、退学は、出席簿に反映できますか?

転学(転入、転出)、退学も現状の記入ルールに合わせて出席簿に反映できます。

 

 

Eduoの機能について(通知表作成機能)


■2学期制に対応していますか?

2学期制、3学期制のどちらにも対応しております。

■各学校で通知表の表紙やレイアウトが異なる場合、カスタマイズ可能ですか?

地域の共通フォーム・パターン別フォーム・学校別フォームなどそれぞれのご希望に合わせてカスタマイズしてご提供できます。
事前に先生方のご要望をお伺いし、ご提案させて頂きます。詳しくはお問い合わせ下さい。

■各教科の評定は観点を基にして自動入力できると良いのですが?

教科別に観点評価から評定を算出し、自動入力が可能です。
自動入力により、評定の算出ミスを防ぎ、効率良く作業できます。

■3学期の学習の記録に年間の評定を記すことはできますか?

最終学期の通知表の学習の記録に年間の評定を記すことができます。
必要に応じて、年間の観点評価も記すことができます。

■現在、Excelを使用して作成、運用しているのですが、そのデータを取り込んで利用できますか?

通知表のデータ(評定・評価、所見など)をExcel形式で取り込むことで利用できます。
また、成績管理ソフトなどで利用されているデータも同様にExcel形式で取り込むことができます。

 

 

Eduoの機能について(指導要録作成機能)


■指導要録はどのような様式になりますか?

各自治体で現在使用している様式に合わせてご提供できます。
特別支援学級の様式(知的・知的以外)にも対応しております。

■通知表と指導要録はどのように連携しますか?

通知表の評価・評定データを集計して、指導要録に自動的に反映させることができます。
または通知表の内容を参照しながら、指導要録の評価・評定を入力することができます。
自動的に反映させた評価・評定は必要な箇所だけ修正することもできます。

■指導要録の内容を調査書の作成に活かしたいのですが?

調査書の様式に合わせて、必要なデータに絞ってExcel形式でデータをエクスポートできますので、指導要録のデータを有効活用して調査書の作成ができます。

■指導要録の原本の作成(印刷)に権限は設定できますか?

ご利用される学校毎に権限を設定できます。
指導要録の原本の作成(印刷)は権限を有する先生のみ可能となります。
権限を有していない先生は写しの作成(印刷)またはプレビューのみ可能となります。

■現在、Excelを使用して作成・運用しているのですが、そのデータを取り込んで利用できますか?

指導要録のデータ(評定・評価、所見など)をExcel形式で取り込むことで利用できます。

TOPへ戻る